サラダを作ろう

秋になると野菜や果物などがおいしい

《実りの秋》

STEP1では手遊び歌をたくさん歌って

指先の感覚刺激運動をしました。

手遊び歌は大好きなママの歌声だからこそ愛情ホルモンのオキシトシンが分泌され、気持ちが穏やかになるので是非ママに歌って欲しいものですが、レッスンの中で時々耳にするくらいだと覚えられないと動画のリクエストをいただきました。

レッスンでの「非日常」をお家での「日常」に取り入れてくださるとリトミックが生活に結びつきリトミックの効果「学ぼうとする意欲」が育ちます。

リクエストはとても嬉しいです。

さて、そんな「野菜の歌」を使ってサラダを作りました。

「どうぞ」「ありがとう」のやりとり遊びです。

また、片付けの時にきゅうり、トマト、キャベツを種類ごとに集めます。

これはモンテッソーリの認知能力4つのステージのうち《分類》に当たります。

ペアリング(同じ物を揃える)、グレーディング(段階で並べる)、ソーティング(分類)、ディスクリミネーション(違いの程度を理解し分析する)という活動をクラスごとに様子を見て取り入れています。

今までザザザーっとひとまとめに返していた子供達が一生懸命手に持った野菜を観察してお皿に分けている様子に成長を感じます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です