高齢者クリスマス交流会

今日は大森地区のおじいちゃんおばあちゃん達のクリスマス交流会にチェロクラスの生徒さんたちとキッズクラスの子供達と一緒にお邪魔してきました。

「アンサンブルラトレ」という名前で定期的に練習している大人クラスの皆さんは、先月の本番と同じプログラムもあったので気持ちがリラックスしていたようで、楽譜の音符を追いかけるだけではなくお互いを聴きあったり合わせたりして綺麗なハーモニーを聴かせてくれました。

キッズチェロクラスの子供達は小学生高学年の2人と妹達。

「赤鼻のトナカイ」と「ジングルベル」を2人で力を合わせて演奏しました。

リトミックをやっている妹達は兄、姉を見守りながらもしっかりお客様の方を向いて鈴をターターのリズム、ティティターのリズムで鳴らしてくれました。

おじいちゃんおばあちゃん達は大人の演奏に耳を傾けて聴いてくださっていましたが、子供達が登場するともうメロメロ^_^

一緒に歌ったり手拍子したり、出番が終わった後もすみっこで静かに待っている子供達にずっと話しかけてくださっているおばあちゃんも。

おじいちゃんおばあちゃんは子供達の元気な姿を見るのがパワーになります。

子供達もおじいちゃんおばあちゃんが喜んでくれたり褒めてくれたりするのがとっても嬉しいです。

子供と高齢者が共に支え合っていける地域社会を目指していきたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です