手話振り付け

合唱クラスでは11月10日の施設演奏に向けての練習を始めています。

親子ふれあいうたクラスの方はいきなりボランティアとかいうとびっくりしてしまうので、お母様達にだけお伝えして、お子様にはまず

「集まって一緒に歌うと楽しいよね!」

という気持ちを温めていって欲しいと思います。

一方キッズコーラスクラスの方は、おじいちゃんおばあちゃん達に喜んでもらえるようにと、とても張り切っています!

「虹」という歌を手話付きで演奏するのですが、言葉の意味、見せ方を意識しながら振り付けを決めていきました。

みんながお家でも練習しやすいようにと、高学年のお友達が集まって動画撮影に協力してくれました。

手話付きの歌って、実は個人的には偽善的で嫌いだったんです…

でも、口話と同じで、乱暴な動きや丁寧な動き、顔の表情でちゃんと気持ちが伝わる、ステキな「言葉」です。

手話パフォーマーの方のパフォーマンスを見て感動して涙が出ました。

子供達にも、手話と関わるこの機会に「言葉」の大切さを改めて考えてもらうきっかけになればいいなと思います。

次回の練習は9月17日です。

一緒に歌いたい方、ボランティア演奏に参加したい方、どちらも大歓迎です。

お問い合わせフォームよりお申し込みくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA